2009年01月10日

赤毛のアン 09/01/03(土)マチネ

赤毛のアン、観てきました。

とっても可愛いアンと、優しいマシューとマリラ…温かくて優しくて、大好きな作品です。

日下さんマシューは神だ…!
posted by RIN at 22:43| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

美女と野獣 08/09/14(日)千秋楽

美女と野獣、静岡千秋楽に行ってきました。

前回観たのは、京都公演…今回と同じ、佐野さんビーストと
花代ちゃんベルでした。

大好きな作品なのに、観るのはまだ3回目なんですけど...。

数年ぶりに観て、やっぱり大好きで、たくさん泣いて笑って
いっぱい感動して、マグダンス?で泣き、BOGで泣き(苦笑)

お城の人(物?)たちが、みんな優しくてチャーミングで
なんてステキ!!

舞台を観て、客席まで魔法がかかる…そんな素敵不思議な空間。
ホントに楽しくて、ハッピーになれて、ミュージカルっていいなぁ
と、素直に感じられる作品でした。

東京での再演を激しく希望!!!!!です。
posted by RIN at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

ウェストサイド物語 08/08/31(日)マチネ【千秋楽】

1階I列センター

ウェストサイド物語、京都公演千秋楽を観てきました。

荒川さんリフが戻ってこられたので、結局3週連続で
遠征してしまいました。
楽のチケットも、持っていなかったので、根性(!)の前予でGET。
一度、電話が切れた時は泣きそうになりましたが…
取れて良かった(涙)

オーヴァーチュアで、初めて「マンボ!」の掛け声が入りました。
すごいビックリ!感動でした。

舞台は熱い舞台でした。客席も熱かったです。
ちょっと、個人的にビックリなことがありましたが、
観に来ることができて、本当に良かったです。


posted by RIN at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ウィキッド 07/09/15(土)マチネ

【キャスト】後日UP

座席:1階6列センター

ウィキッド、観てきました。
当初、月イチで取っていたウィキッドチケでしたが
なんだかんだで行けなくなったりして、次の予定が10月、
でもそれもどうやら行けなくなりそうだったので、
キャストが替わらない今のうちに!とその他理由(爆)で
突発してきました。
余談ですが、第一期は予約した日が遠征先からだったし、7月以降は
平日ソワレばかり取ってしまったのが結果的に良くありませんでした。
もうこれに懲りて、今後はこんな買い方はしません。(たぶん。。。)

突発したイチバンの決め手は、栗原さんのオズの魔法使い。
ずっと待っていたんです。だからmixiコミュで栗原さんのお名前を
見た時に、近々行こう!と決意したわけです。

その栗原さん、贔屓目アリですが良かったです♪
松下さんも良かったですけど、やっぱり悪い人には見えないんですもん。
♪ワンダフル〜って、あのノリで歌われちゃうと、この人って
悪い人だよね?ね?と誰かに同意を求めたくもなりますが、
物腰はやわらかいけど良い人じゃぁありませんよね。
栗原さん、髪をだいぶ白髪のように染めてらっしゃいましたが
良い人そうでいて、裏がありそうなトコロ、良かった〜♪
何が良かったってちゃんと説明できなくてすみません。

2回目で、1階席前方でセンターで、視界もバッチリで
あぁ!センターブロック最高!!としばらくはそのことだけで
心が弾んでいました。
最初の場面で、李さんや小粥さんを見つけて嬉しくなったり
まるで初見のような感覚で観ていました。

CDも聴いていないので、曲もまだうろ覚えですが、
2回目にして、少し脳内にインプットされたメロディーもあったり
好きだなって思う曲もありました。
でもタイトルがわからないのですけど。

沼尾さんグリンダ、やっぱり可愛いし、でも途中からは
フィエロのこととか、色々と考えさせられたり、いちばん感情移入
してしまいます。
最後は「善い魔女」としてみんなから愛されるグリンダ。
でも、それは彼女自身が求める本当のシアワセとは違いますよね、
きっと。
できれば、グリンダにはフィエロと幸せになって欲しかった。
あくまで個人的意見ですが(爆)

濱田さんのパワフルさは、やっぱり凄いですね。
エルフィーのぎこちない「キラキラ〜☆」は微笑ましいです♪
フィエロの愛を知ってからのエルファバは本当に強い。
その強さが、わたしには羨ましくもあり切なくもあり。
切ないのは、たぶんグリンダのことを考えてしまうからかもしれません。
緑色の肌...それまで抱えていたコンプレックスとか引け目みたいな
感情とか、エルファバにも色々あったのだろうなぁ、とは
思うのですけど…。

あ、いちばんグッときた場面、ふたりが部屋で秘密を告白
し合うところ、エルフィーの話を聞いたグリンダが
「それは真実ではないわね」みたいなことを言った時。

うーん…うまくまとまりません。


最後に、どうでもいい話。わたしは海劇場の匂いが好きです。
・・・ホントにどうでもいい話でした。
posted by RIN at 11:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ウェストサイド物語【初日】 07/09/08(土)マチネ

【キャスト】後日UP

座席:1階20列センター

WSS初日、観てきました。

キャストボックスがなくなってからは、初めての観劇です。
初日なので、どっちみち誰が出られるのかわからないわけですが
それでも1時間前に主要キャストがわかっているのといないのとでは
大きく違います。

あまり時間もなかったので、ギリギリにプログラムを購入し
着席してまず見たのは、キャスト紹介欄(爆)
そこで、澤村さんのお名前を見つけて、驚いたわけなんです。
で…期待していた荒川さんのお名前は、ありませんでした(凹)
加藤さんベルナルドがありなら、荒川さんリフもあり…じゃないのですね。

「コンタクト」以来、大好きな榊原さんもお名前があって嬉しかった☆

ウェストサイドは、映画も舞台もまったく知りません。
名作と言われているので、相当期待していたのですけど、
ダンス好きな方にはたまらない演目…と思いますが、
でも、ストーリー自体は悲劇で...1回目を観終った感想は、
ハマる!とまでは思わなかったです。

キャストさんは決して悪くないし、寧ろ好きな方たくさん出て
いらっしゃるし、ダンスもカッコいいし、でもストーリーが。
あとは時間。3時間というのは開演前に見て知ったのですが、
1幕長い〜〜〜〜〜!
あの五重唱で終わりでも良かったのではないかと(爆)

1回目だし、話の展開を追うので必死だったせいもあるのかも
しれません。

松島さん、西尾さん、大塚さんがカッコ良かったです。
松島さん、ベルナルドにもキャスティングされているみたいですけど
髪はどうするんだろう?その度に染め直すのか?(余計な心配)
大口さん、鈴木由佳乃さんがかわいかった♪
笠松さんも、ユタの小夜ちゃん以来、2作目でマリア…すごいですね。
「トニー」と呼ぶ声がすごく色っぽくてゾクッとしてしまいました。
トニーが殺された後の声の変化ぶりに驚きました。
上演期間も結構長いし、これからもっと良くなられるのでしょうね。

榊原さん、2幕はあまり出番がなく寂しいです。
ていうか、榊原さん?と思った人はいたのですけど、正直なところ
確信が持てていないのです。違ってたら最低だな。ファンなのに。
高倉さん、美しい〜〜♪スタイル抜群だしステキです。
樋口さんのアニタもハマッてました。

牧野さん、ランクとちょっとイメージ被るところがあって^^;

カテコは皆さん、緊張されていたのか表情が硬くて笑顔もあまり
見られなくて、ちょっと残念でした。

いつも以上にまとまりがないメモで、なんだこりゃ?ですね。





posted by RIN at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

エビータ 07/08/16(木)マチネ

【キャスト】後日UP

座席:1階F列下手

京都「エビータ」を観てきました。
エビータ…東京でやってた時でさえ、1〜2回しか観てないのに
なぜか遠征。
ごめんなさい...。目的は作品を観ることよりも、イベントに
参加することでした。ホントーにごめんなさい(誰に?)
百々さん観たかったのですけど、前週まで鉄道猫さんでしたし
ムリかな…と思っていたらやはりいらっしゃいませんでした。
あとは東京からの遠征仲間がいたことと、大阪から来る友達にも
会いたかったから、イベントも楽しかったし行って良かったです。

本編の感想………石野さんがものすごく目立ってた。
村中さんと畠山さんも。
久しぶりにCFYで拝見してた方たちが観られて嬉しかったです。
って、これ本編の感想じゃないやん!
マガルディの内田さんは、やっぱり目力がすごい。ギラギラしてます。
エバから突き飛ばされた時の飛びっぷりがすごかった。
渋谷さんペロンは、ちょっと大統領には見えなかった...かも。
でもエバを見守る眼差しはなんか温かくて良かったです。

芝さんチェ!カッコいいねぇ〜♪チェはまさしくハマリ役だよね〜
と、観るたびに思います。

智恵さんエバ、歌も前半の野望に満ちた表情とかも、圧倒されました。
でも…どうなんだろう。わたしはエバという女性が
どうもあまり、好きではないようです。ていうか、苦手...?
できれば、違う方のエバもいつか観てみたいです。


イベントは「アルゼンチンフェスタ〜なりきりアルゼンティーナ〜」
司会は村澤さんと畠山さんでした。
最初に3組のペアが登場され、アルゼンチンタンゴをご披露〜♪
下手から、石野さん&佐藤さん、朝隈さん&大石さん、
関さん&どなたか(ごめんなさい。忘れてしまいました。)
それでですね!わたしってば、この時(正確に言うなれば、関さんが
言葉を発する時)まで、上手側の方が関さんだということに
まったく気がついてなかったんですよ。
もう、どんだけぇ〜!?
いやぁ…口ひげがあると雰囲気変わりますよね〜。

その後、芝さんと渋谷さんが登場され(渋谷さん、『エロ・ペロンです。』
って言ってた/笑)客席通路に現れた俳優さんたちよりアルゼンチン
ワインとマテ茶が振舞われ、みんなで「サルー!」と乾杯!
芝さんが、マテ茶の意味を説明してくださいました。
(細かい説明はきっとどなたかのサイトかブログにあると思いますので
ここでは割愛します^^;)
司会の村澤さんが、なんだかとてもかわいかった。
一生懸命盛り上げようとしてくださってて、いきなり好感度UPです。

その後、歌指導で鳥原さん登場、ちょっと天然?おもしろい方でした。
鳥原さんって、エビータにもキャスティングされているのですよね?
(公式をチェックしていないからよくわかっていない)

練習も滞りなく進み、いざ本番。
何人かは舞台に上がれるということで、挙手頑張りましたが
選ばれませんでした。ザンネン。。。

ペロンコールをしていたら、本物のエビータ(智恵さん)登場♪
周りには、俳優さんたちも一緒にペロン&エビータコールをしていて、
わたしもハンカチを振りながら一生懸命叫んでいたら、感極まってきて
気付いたら泣きそうになってました。

終了後、智恵さんから「登場して(客席を)見た瞬間から、
思わず感極まって泣きそうになってしまいました。」と。
最後に芝さんがチェ・ゲバラが子供たちに充てた手紙を朗読して
イベント終了〜でした。
日が経ってるし、抜けてる部分がたくさんあるかもです。

最近、増えてきた参加(体験)型イベントですが
こういうのイイですね!!ホントに楽しかったです♪
俳優の皆さん、終演後の貴重な時間をありがとうございました。



posted by RIN at 14:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ウィキッド 07/06/23(土)マチネ

【キャスト】後日UP

座席:2階1列下手

ウィキッドを観てきました。マイ初日です。
3ヶ月ぶりの海劇場、中へ入るとそこはすっかり別空間に変わっていました。
入ったのが遅かったので、売店もすでに人だかりでしたが
売店のスタッフさん?に外人さんがいて、まず驚いた!

さて開演です。
セットのバルコニー?にスタッフさんらしき人(役者さんではなかった)が現れたと思ったら、ドラゴンが動き出して…なんかスゴイぞ〜。

まず最初に見つけた人、三宅さん♪めちゃめちゃカワイイんですけど〜。
と、「グリンダ様だ!(だったっけ?)」と叫ぶ三宅さんの
視線の先を追ってみたら、沼尾さんグリンダが〜☆☆☆
超〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カワイイ!!!

と(笑)こんな感じで始まりました。

内容については、初めてなので深くは語れず(逃)なので、
キャスト別に感じたことなどを。

☆沼尾さんグリンダ
もう大好き!上でも書きましたが、すごくカワイイです。
登場した瞬間、「カワイイ...!」と思わずつぶやいてしまいました。
ブロンドの髪もとてもお似合いです♪
はじけっぷりも本当にかわいくて、あのステッキをぶん投げるトコロ
とか、杖(だったかな)をぐるんぐるんと振り回すところとか、
笑わせていただきました〜。
「Popular」の時のグリンダ、可愛かったな〜♪
歌も素晴らしかったです☆うーん、ハマリそうです。

☆濱田さんエルファバ
久しぶり濱田さんでした。最初の頃の地味な雰囲気から、
フィエロに出逢って変わっていく感じとか、自然で素敵でした。
歌はさすがです。
エルファバは全然悪くないのに、悪い魔女にされてしまうところとか
とても切ないですけど、でも、エルファバはきっと不幸ではないですよね。
2幕でフィエロと愛を確かめ合って、その後グリンダと再会した時に
グリンダに言った言葉は、ちょっと悲しかった。
そんなことグリンダ自身がいちばんわかってるよ…ってちょっと思ってしまいました。

☆李さんフィエロ
素敵でした☆フィエロが出ている間は、ほぼフィエロに集中(笑)
セリフも違和感なかったです(贔屓目アリかも?)
歌もたくさん聴かせてくれるし♪好きだ〜、李さんの声。
2幕のエルファバとのナンバーは、慣れないものでドキドキ
しちゃいましたが^^;、フィエロで新たな李さんが観られて嬉しいです。

☆森さんモリブル
始めは優しい先生なのかと思いきや・・・!ビックリです。
マダム・モリブルってかなり重要な人物ですよね。
演技も歌もさすがでした!森さん、カッコいいです。

☆ディラモンド教授
お昼のシーンがちょっとかわいかったです。
途中からは、可哀想です…!あんなことになってしまうなんて酷すぎるー。
武見さん、カテコまでお顔が見えないのが残念なのですが、
素晴らしかったです。

☆ネッサローズ/☆ボック
ネッサは親の愛情を一心に受けて、でも最後はああいうことに
なってしまって、実はいちばん不幸なのかも...。
と言っても同情する、ということでもないのですが。
小粥さんは、キャッツ以外で拝見したのが初めてだったので、
色々新鮮でした。ちょっとキツめの役、似合いますね〜。
ボックは、グリンダを想うあまり、グリンダに言われるままに
ネッサローズに近付いて、その挙句ネッサに愛されてしまうわけですが…。
2人とも報われない想いは切ないけど、その結果、起きてしまったことが
すべてエルファバのせいになってしまうところが哀しい。

☆オズの魔法使い
松下さん!いい人そうなのに〜、実はオソロシイ人です!
この役、絶対栗原さんでも観たいよ〜。


☆アンサンブルさん
三宅さん、脇坂さん、レベッカさん、今井さんしかわからなかったです。
後になってプログラムを見て、すごい目立ってたロン毛の人が
品川さんだったということに気がつきました。

観終わって、すごいハマッた!という程でもないのですけど、
数日経って、ジワジワと「また観たい」気持ちが起こりはじめてます。
沼尾さんグリンダ好き〜♪グリンダにまた会いたいです☆



posted by RIN at 14:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

はだかの王様 07/03/17(土)ソワレ

【キャスト】後日UP
1階7列センター

秋劇場から走って移動しました(笑)
こういう時間配分のマチソワは初めてだ。。。

7列から段差があるのでとっても観やすいです♪

2幕になって、松本海くんがいない、、、ということに気が付きました(^_^;)
松本くん、ペッパーの時は、自分的に「いいねぇ!」という程の
キャラを感じなかったのですが、このファスナーくんは
なんだかすごく良かったので、替わってしまってて残念でした。
赤瀬さんはやっぱり好きです。今度マキャになったら
たぶん、初めてマキャにじっくり注目しちゃいそうです。
実は、握手も何気に数回していただいてるのですよね(笑)
もっと、喜びをかみ締めて(!)握手してもらえばよかった。
ホント、失礼なヤツですみません。。。。。

今回、初めて最初の衣装係さんの中に菅本さんがいらっしゃる
ことに気が付きました@@;
というのも、前からひとり、かわいくて気になる女の子が
いたのでその子を探していたら、ハッケーン!したのですが。。。

サテンの小川美緒ちゃん、2幕はだいぶ落ち着くのに
第一声のあの声のトーンはなんなんでしょう!?
まるで、アニメの世界からそのまま抜け出してきたみたいです。
声も見た目も。
でも、でもね、あのかわいさで「大っ嫌いなアロハと結婚させられちゃう(泣)」と訴えかけられるとついつい同情してしまうんです。

あーもう、ホントに楽しくて大好きな「はだかの王様」♪
それなのに、これでまたしばらく大好きなステテコさんにも
会えないんだ…と思ったら、悲しくなっちゃって
途中、涙が止まらなくなってしまって困りました(^^;)

石塚さんのワルそうなペテン師ぶりも最高でした!
もちろん!!味方さんの王様も〜〜〜ダイスキ☆☆☆

22日まで、まだ公演はありますが、
カンパニーの皆さん、ありがとうございました♪




posted by RIN at 14:52| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

はだかの王様 07/03/10(土)ソワレ

【キャスト】後日UP

1階6列センター

午前中の用事が長引いてしまい、遅刻してしまいました。

入った時、ちょうど「幕をあける歌」を歌っているところでしたが
通路際でもないのに遅刻しちゃった…と思っていたら
わたしの席から横は誰もいませんで…ビックリでした。
途中で一人いらっしゃいましたが、土曜日なのに寂しいなぁ。

予定は先週の1回のみでしたが、つい出来心(笑)で
ふらっと突発してしまいました。
客席全体の空気がほのぼのしていて、あったかくて
その場にいるだけで癒されます。マイナスイオンだわ〜。

木村さんホック
かわいいです♪
そのうち、夢醒めの小人さんとかでも観たいなぁ♪

石塚さんスリップ
観るたびにいろんな表情を見せてくださる方。
こんなに"悪役"が似合う方だったなんて…ますますファンに
なりました♪
あの、ワルそうな目つきが最高です。栗原さんとのペアで
観たかった!!
石塚さん、これからもっともっと色んな役で拝見できたらいいな☆

丹下さんアロハ
メイクが最初のシーンとあまりに違うので、ギャップに驚きます。
おもしろかったけど…アロハは吉原さんがおもしろかったかもー。
歌とかもっともっとはじけて欲しい!!

デニム&サテン
このふたりの場面の時だけ、なんだかむずがゆい気分に
なってきます。
小川さんの声…2度目でも笑ってしまいます。
子供が真似をしていて…ちょっとおかしかった(^^;)
でも嫌いじゃないです。玉城さんも、デニムはいい感じ。
牧場の服も似合ってました。
で…玉城さんは、涼太さん路線を進んでる?
そのうちエンジェルとかもやっちゃうのかなぁ。

赤瀬さんブルーマー
この作品で一気に気になる存在に…。
素敵です〜。正直者のブルーマー!!
わたし…ブルーマーが好きなのかな。
この役をやる人はみんなカッコいい!と思ってしまいます。単純。
赤瀬さん、これからも、もっともっとセリフのある役で
拝見したいです。

モモヒキさん&ステテコさん
今回も、マイナスイオンをた〜〜〜〜〜っぷり戴いて
きました。だ い す き です!

でもなー、ふたり、幼なじみで友達なのに「見えない」って
言えないのがとっても切ない…。
神保さんステテコの「友達じゃないか〜」とモモヒキを
つつく仕草と言い方が最高にかわいいんだけど、切なくて
泣けちゃいます。

「はだかの王様」大好き♪
また観に行っちゃおう。











posted by RIN at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

魔法をすてたマジョリン 07/02/16(金)ソワレ

【キャスト】後日UP

マジョリン観てきました。
行けるとしたら、この日か土曜しかないなーって思っていて、
でもね、この日のコンタクト、数日前までソワレだとばかり
思っていたんです。(イベントもソワレ後と思っていた。)
で、マジョリンのスケジュール見たらこっちもソワレ…。
じゃムリだ。ってあきらめてたんですけど
よくよく手帳を見たら、マチネって書いてあるー!!
で、チケットを探したら、あったんです♪素敵な出会いが(*^^*)
そんなわけで、コンタクトとのマチソワしてきました♪

前置きが長くなっちゃったけど、簡単に感想など。

関根さんマジョリン
前回公演と今回、2回目でしたが、表情豊かですごいかわいかったです!!
「ありがとうの歌」の前、みんなに「ありがとう」って
言われた後のマジョリン、目がウルッとした瞬間を
見てしまい、もらい泣きでした。いえ、その前からわたしは
すでに泣いていたんですけど。

鎌滝さんダビッド
いいなぁ☆
マンマで何度も観ていたのに、ACLで気になり始め
ダビッドでは2度目の拝見でしたが、かわいかったー。
まっすぐな眼差しがいいね。心洗われました。
目の前にマジョリンと落ちてきた時には近すぎてドキドキ
しましたが(^^;)
今度…ユタとか演りませんか!?似合いそうだけどなぁ。

味方さんニラミンコ
あぁもう、この存在感。文句ナシにおもしろくって
安心して観てられるの〜♪なんてスバラシイ☆☆☆
夢醒めのクールな配達人さんより断然好き(爆)です!

神保さんオカシラス
オカシラスって名前は、魔女の「御頭」だから、「オカシラス」
なの!?知らなかった(爆爆)
おだてられた時のご機嫌な高〜い声から、怒った時の低い声、
声色を見事に使い分けていて、怖そうで、でも憎めない(笑)
キャラになるのは、神保さんだからでしょうか(^^)
マジョリンとダビッドに心打たれてつい「心から心へ」の歌を
歌ってしまったけど、ゴメンナサイ!!(笑)
カテコの笑顔は誰よりも優しいお顔で、すごい和みました♪
「はだかの王様」でも会えるかな?期待してます!!

藤田さんブツクサス
はにべさんより頼れる存在に思えた藤田さんブツクサス。
やはり、さすがのベテランさん。マジョリンへの愛情を
ひしひしと感じました。

ファミミュなんですけどね〜、大人のわたしが泣いちゃうんですよね(^^;)
うん、ホント、良い作品です。
posted by RIN at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ライオンキング '06.11.25(土)ソワレ

ソワレ:1階G列センター

【キャスト】
ラフィキ:鄭 雅美  ムファサ:内田 圭
ザズ:井上隆司  スカー:栗原英雄
ヤングシンバ:岡田修宏  ヤングナラ:竹田理央
シェンジ:高島田薫  バンザイ:池田英治
エド:奈良坂紀  ティモン:小川善太郎
プンバァ:川辺将大  シンバ:田中彰孝
ナラ:上田亜希子  サラビ:井田智子

【男性アンサンブル】
前田貞一郎  天野陽一  小出敏英  布施陽由
遠藤 剛  川原信弘  遠藤友彰  朝隈濯朗
森 健太郎  郭 凌  張 卓  鈴木智之
品川芳晃  浜名正義
【女性アンサンブル】
平田曜子  遠藤珠生  佐藤朋子  玉井明美
諸 英希  華山ソナ  木内志奈  朴 哉垠
金 寿恵  石野寛子  鈴木美帆  上原のり


ライオンキングを観てきました。

posted by RIN at 13:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

壁抜け男【千秋楽】 '06.11.19(日)マチネ

千秋楽:1階12列センター

【キャスト】
デュティユル:石丸幹二  イザベル:坂本里咲
部長/刑務所長/検事:高井 治  八百屋・娼婦:丹 靖子
C氏(公務員)/囚人:小林克人  デュブール医師/警官2/弁護士:寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト:荒木 勝
画家:渋谷智也  M嬢(公務員):佐和由梨
A夫人(公務員)/共産主義者:久居史子  
乞食/看守2/裁判長:井上隆司  新聞売り:有賀光一

演奏
ピアノ:戸田多佳子  リード:竹村直哉  パーカッション:小松玲子


「壁抜け男」千秋楽公演を観てきました。
ひとりひとりがとても魅力的で、楽しくて切なくて、
観終った後、ほんのり温かい気持ちになれる
そんな素敵なミュージカルでした。
最後は大きな声で歌っちゃいました。
人生は素敵、人生は素敵、人生は最高!!
posted by RIN at 23:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

壁抜け男 '06.10.22(日)マチネ

マチネ:1階4列上手

【キャスト】
デュティユル:石丸幹二  イザベル:坂本里咲
部長/刑務所長/検事:高井 治  八百屋・娼婦:丹 靖子
C氏(公務員)/囚人:小林克人  デュブール医師/警官2/弁護士:寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト:荒木 勝
画家:渋谷智也  M嬢(公務員):佐和由梨
A夫人(公務員)/共産主義者:岩本潤子  
乞食/看守2/裁判長:井上隆司  新聞売り:有賀光一

演奏
ピアノ:戸田多佳子  リード:上里 稔  パーカッション:塩浜玲子
posted by RIN at 00:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

壁抜け男 '06.9.23(土)ソワレ

ソワレ:1階5列センター

【キャスト】
デュティユル:石丸幹二  イザベル:坂本里咲
部長/刑務所長/検事:高井 治  八百屋・娼婦:丹 靖子
C氏(公務員)/囚人:小林克人  デュブール医師/警官2/弁護士:寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト:荒木 勝
画家:渋谷智也  M嬢(公務員):佐和由梨
A夫人(公務員)/共産主義者:久居史子  
乞食/看守2/裁判長:井上隆司  新聞売り:有賀光一

演奏
ピアノ:戸田多佳子  リード:上里 稔  パーカッション:小松玲子


壁抜け男、観てきました。
すごい、イイ感じの近さでした。
やっぱり自由劇場の500席の空間と、この作品ってピッタリな気がします。

久居さんのA夫人、思っていた以上に(失礼!)良かったです。
ビスケット(?)を食べるところが、なんかかわいかったなー。

石丸さんデュティユルも、おもしろさが増してるみたいです。
部長に「ミジンコ!」と言われた後の「…ミジンコ?!…ミジンコ(怒)!」
となっていく時の表情が、ものすごいおもしろかった〜。
石丸さんでもあんな表情するんですね〜(笑)

丹さん娼婦、すごい哀愁漂ってます。
そんな顔でため息つかれたら、胸が苦しくなってしまう。。。。。(>_<)
今回の涙腺ゆるみポイントです。

有賀くんは、初めて観た6年前から変わらぬ若さを保っていてスゴイ!

色んな場面で、コミカルさがたくさん詰まっている作品なのに
ラストは切ないんですよね〜。でもそんなところも好き〜。

もっとたくさん観たい…けど、けど…
秋劇場がぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ(意味不明)
posted by RIN at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

壁抜け男【初日】'06.9.9(土)マチネ

1階12列下手

【キャスト】
デュティユル:石丸幹二  イザベル:坂本里咲
部長/刑務所長/検事:高井 治  八百屋・娼婦:丹 靖子
C氏(公務員)/囚人:小林克人  デュブール医師/警官2/弁護士:寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト:荒木 勝
画家:渋谷智也  M嬢(公務員):佐和由梨
A夫人(公務員)/共産主義者:岩本潤子  
乞食/看守2/裁判長:井上隆司  新聞売り:有賀光一

演奏
ピアノ:戸田多佳子  リード:上里 稔  パーカッション:小松玲子


壁抜け男、初日を観てきました。

この作品、観るのは3回目です。
6年前、秋劇場で初めて観たのもこの作品でした。

ビデオも買ったけど、実はそんなに観ていません。

当時のキャストシートを見て、高井さんがいらっしゃったことにビックリ。
そうか。そんなに前にわたしは高井さんを観ていたんだ…。

今更ですけど、歌える方が揃っていて、贅沢な舞台だな〜って思いました。
このままオペラ座ができそうですよね?
あと、自由劇場にすごい似合ってる作品ですよね。

自分的にすごい嬉しいキャストさんが揃っていて、
これはちょっと通ってしまうかも?と思っています。
posted by RIN at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

エビータ '06.9.2(土)マチネ

マチネ:2階1列センター

【キャスト】
エビータ:井上智恵  チェ:芝 清道  
ペロン:下村尊則  マガルディ:飯野おさみ
ミストレス:西田ゆりあ

【男性アンサンブル】
青山祐士  遠藤敏彦  菊池 正  牧野公昭
阿川建一郎  岡崎克哉  小川善太郎  畠山典之  
横山清崇  朝隈擢朗  岩崎晋也  香川大輔  
白倉一成  岩城雄太  熊谷 崇  村澤智弘

【女性アンサンブル】
佐藤夏木  有永美奈子  北 涼子  柴田桃子  
団こと葉  平田曜子  石栗絵理  今在家祐子  
岩本やよい  小川紗登子  高倉恵美  西田桃子  
町塚明子  鳥原如未  吉村晶子  花田菜美子


エビータ、観てきました。
「『エビータ』は2階からがいいよ〜」と薦められ、初めて2階から。
とはいっても、まだ通算4回目です。

なるほど、照明効果がすごい!キレイでした♪
これは2階からも絶対観るべきです。

男性アンサンブルに菊池さんと遠藤さんが入られてて、嬉しくなりました。
あとはやっぱり、岩城さんや熊谷さん、女性では高倉さん、柴田さん
に目が行きました。
佐藤夏木さんが、素晴らしい〜。
色んな役で登場されるのに、その度にその役の顔つきなんです。
さすが!というか、夏木さんがいると目が離せなかったです。
ここに礒津さんもいたらな〜(>_<)

飯野さんのマガルディ、観ることができて嬉しかったです。
まだ、マガルディの役について、どの役者さんはどうだった
とか、比較できるほど回数観ていないのですが、
「マスコミにばらずぞ!」と脅かされて焦るところとか
おもしろかったです。

アルゼンチンセミナーに参加した友人から、2幕最初の場面で
「ペロン!」と69回言う、と聞いていたのでつい…数えてしまいました(爆)
すみません…。

今日で、一応、エビータはマイ楽のつもりでしたが
ひょっとしたら、あと1回、観たいような気がしています。
posted by RIN at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

エビータ '96.8.9(水)ソワレ

ソワレ:1階6列センター

【キャスト】
エビータ:井上智恵  チェ:芝 清道  
ペロン:下村尊則  マガルディ:渋谷智也
ミストレス:八幡三枝

【男性アンサンブル】
青山祐士  江上健二  牧野公昭  阿川建一郎
岡崎克哉  小川善太郎  畠山典之  朝隈擢朗
岩崎晋也  香川大輔  白倉一成  岩城雄太
上川一哉  熊谷 崇  塚下兼吾  村澤智弘

【女性アンサンブル】
佐藤夏木  有永美奈子  柴田桃子  団こと葉
平田曜子  石栗絵理  今在家祐子  岩本やよい
小川紗登子  高倉恵美  西田桃子  町塚明子
光武礼子  鳥原如未  吉村晶子  花田菜美子


エビータを観てきました。
昨年観て、ハマらなくて…というか、ちょうどキャッツに激のめり込み
中だったのもあり、2回観ただけで今回通算?3回目でした…。

この日はリハ見があり、ちょうど夏休みと重なったので
イベント狙いでチケットをGET♪

リハ見の方は、メモにも残していなかったので
もうほとんど覚えていません…。

場面は、
「レクイエム」
「ブエノスアイレス」
「ニューアルゼンチーナ」
「金はでてゆく 湯水のように」
でした。

最初(リハ見)の司会、というか、説明をしてくださったのは
畠山さんと村澤さん。

レクイエム以外の3場面(ナンバー)ほとんどフルで聴かせて
(見せて)頂いて、もうこのイベントだけで大満足です♪
ありがとうございます♪♪という感じでした。
目立っていたのは、柴田さんと牧野さんかなー。
高倉恵美ちゃんは、ずっと探しててわからなくて、見つけた時は
嬉しくて泣きそうになりました(^^;)

☆質問コーナー
芝さん、智恵さん、下村さん、柴田さん、八幡さん、上川さん(並び順)
(並び順違っていたらスミマセン。)
が質問に答えてくださいました。

芝さん、下村さん、知恵さんが、なんだかとっても仲が良くて
すごい楽しかったです。
質問は、四季に入ったきっかけは?とか、最初に観た作品は?
(ちょっとニュアンス違ったかも?)とかで、智恵さんや
八幡さんとかの答えでユタとかキャッツの名前が出ると、
「それ何年の?」「僕、出てた?」みたいなことを下村さんや
芝さんが聞いて歳の話になるのが面白かった。

そんな和やかなムードの中、四季に入ったきっかけでの
芝さんのお話…アルプ?か雑誌だったか、何かで読んだことは
あったのだけれど、「重くなるからさ〜」とためらいながらも
亡きお兄さんへの想い、今、こうして自分が舞台に立っている過程
を、時々声を詰まらせながら話してくださった芝さんの姿を見て
ちょっともらい泣きしてしまいました。

とりあえず、ここまで。



posted by RIN at 01:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

魔法をすてたマジョリン '06.8.5(土)ソワレ

ソワレ:1階5列センター

【キャスト】
マジョリン:関根麻帆  プレッツェル婆さん:西山愛由美  
ブツクサス:はにべあゆみ  ステファン:和田翔子
ニラミンコ:味方隆司  タツロット:那俄性 哲
ダビッド:鎌滝健太  花嫁:佐藤朋子
オカシラス:神保幸由 

【男性アンサンブル】
合田賢二  実方隼人  関川慶一  二見隆介
森田利夫

【女性アンサンブル】
白石紋子  手島 梓  松尾千歳  安間さや香
稲垣麻衣子  朴 哉垠  増田朱紀  松葉梨香


1回書いたのに、フリーズして消えちゃった…(涙)
「魔法をすてたマジョリン」を観てきました。

自由劇場は昨年のアスペ楽以来です。
ファミミュで夏休みとくれば、劇場はお子様でいっぱい。
そんな中、大人ひとりで楽しんできましたよ(^^)
大人なんだけど…ファミミュ好きなんだよね〜。

関根さんマジョリン
初めて?でしょうか?勉強不足ですみません。
明るくて天真爛漫!魔女らしからぬ魔女!でかわいかったです!

味方さんニラミンコ
おもしろかった〜♪最高!味方さん(>_<)
台詞の言い回しとか、夢醒めのデビルと被るなぁ、と思って観ていたの
ですけど、こちらがデビルの原型?
女言葉もお似合いで、メイクもお似合いで(^m^)
ユニークすぎるキャラです。ちびっこたちのウケもいちばん良かったよ♪

鎌滝さんダビッド
マンマのアンサンブルでしか拝見したことがなかった鎌滝さん。
自然な演技で、好感度かなりUPでした(^^)

神保さんオカシラス
最初、マスクで顔が見えなくて、ストレスだったんです(^^;)
でも、村人でも登場してくださいました。
オカシラスも全然恐くありませんでしたよ♪
そんなところも大好きなんです。
カテコでは、マスクを外して優しい笑顔を見せてくださったので
嬉しかったです(^^*)
一生懸命手を振ってしまいました(爆)
今度はニラミンコでも観てみたいなぁ♪♪

手持ちは今回分のみだったんですが、
大徳さんマジョリンが観たいし、神保さんに逢いたいし
公演期間中にもう1回、行きたいと思っています!

posted by RIN at 23:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

異国の丘【千穐楽】 '05.12.4(日)マチネ

マチネ【千穐楽】1階4列上手

【キャスト】
九重秀隆:下村尊則   宋愛玲 :佐渡寧子
吉田  :中嶋 徹   神田  :深水彰彦
西沢  :深見正博   大森  :江上健二
杉浦  :香川大輔   平井  :維田修二
宋美齢 :中野今日子  李花蓮 :岡本結花
劉玄  :青山祐士   宋子明 :山口嘉三
蒋賢忠 :中村啓士   九重菊麿:高林幸兵
アグネス・フォーゲル夫人:大橋伸予
クリストファー・ワトソン:志村 要
メイ総領事:高橋征郎  ナターシャ:西田有希

【抑留兵士/学生/パーティー客/軍人/憲兵/看守】
遠藤敏彦 阿川建一郎 井上隆司 中島淳治
小原 勉 笠嶋俊秀 金田暢彦 小島良太 
小林匡人 嶋崎孔明 中村 厳 趙浩然レックス
鄒 靖宇 井上雄介
岡山梨都子 戸田真美 方波見友紀 
クリスティン・ゼンダー 坂本奈緒 松田英子


先日参加した、ソングセミナー効果?!でしょうか、
お友達からの「下村ぼち、もう一度観た方がいいよ」とのお薦めの言葉もあり
ラッキーにも掲示板で、楽の2列目チケを譲って頂き観に行ってきました。

感想は…「行って良かった〜!」でした。

☆下村さんぼち
なんていうかなー。友情に厚い秀隆さんでした。
「神田」のことも、ただの友達ではないのです。それ以上(^^)
そこのところは、なんだか『ハムレット』の時のハムレットとホレイショーを
思い出しました。
特に、シベリアでの神田との再会の場面ね。
石丸さんは、ホントにプリンス、というかですね、セリフの中にもあるような
「他の人たちが踏み込めない『何か』がある」秀隆さん、という感じですけど
下村さんは違ってた。
うまく言えないんですけど…わたしが下村さんファンだから、かもしれないし、
人間味が溢れてたっていうのかなー。なんか、様々な場面でこの日は
泣けてしまったのでした。
愛玲との場面はね。かわいかったですよ。下村さん(笑)
たぶん、癖なのでしょうね〜。しゃべる時に右手を振り下ろす仕草を
よくされるのですけど、出逢いの場面とか、その仕草連発でした。
そして、小首を傾げるのもまた下村さんの癖のようで(^^)
これも連発でした。

☆佐渡さん愛玲
前回の東京公演で観た時…正直「ダメだ〜。わたしはこの人の愛玲、苦手(暴言)」
なんて思ってしまったんですけど(汗爆)
冒頭の場面とか、なんとなく可憐な雰囲気になっていて、そこでまずビックリ。
その後も、以前より全然違和感なく観ることができました(^^ゞ
歌は…ちょっと…声が苦手…なのかな(汗)ですけども…。

☆青山さん劉玄と岡本さん花蓮
花蓮の岡本さん、前回が里咲さんだったので…。
後半の4人で歌うところ、なんか弱いですよね〜。
劉玄も花蓮も…個人的には、心に残るものがありませんでしたー。

☆他
今回…実は主役の方々よりも探して目で追って追って、見まくった方がいました(^^;)
学生役からウエイターさん役、抑留兵士まで。
素敵でした〜。
最後の「明日への祈り」ソングセミナーでも歌わせてもらったこともあり
自分が参加したパートを耳で追いつつ、歌詞の意味をより深く考えるように観ていたら
涙が止まらなくなりました・・・。
今回、2回しか観ることができなかったけれど、最後にもう一度観ることができて
そんな機会を与えてくれた友達や色んな偶然に感謝♪です。
posted by RIN at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

異国の丘【初日】 '05.10.16(日)マチネ

マチネ【初日】1階20列上手

【キャスト】
九重秀隆:下村尊則   宋愛玲 :木村花代
吉田  :中嶋 徹   神田  :深水彰彦
西沢  :深見正博   大森  :江上健二
杉浦  :香川大輔   平井  :維田修二
宋美齢 :中野今日子  李花蓮 :坂本里咲
劉玄  :青山祐士   宋子明 :日下武史
蒋賢忠 :中村啓士   九重菊麿:山口嘉三
アグネス・フォーゲル夫人:大橋伸予
クリストファー・ワトソン:志村 要
メイ総領事:高橋征郎  ナターシャ:西田有希

【抑留兵士/学生/パーティー客/軍人/憲兵/看守】
遠藤敏彦 阿川建一郎 井上隆司 中島淳治
笠嶋俊秀 金田暢彦 小島良太 小林匡人
嶋崎孔明 中村 厳 村澤智弘 趙浩然レックス
鄒 靖宇 井上雄介
岡山梨都子 戸田真美 方波見友紀 
クリスティン・ゼンダー 坂本奈緒 松田英子


前日予約してしまいました〜。
初日を前予するのは初めてです。
続きを読む
posted by RIN at 02:24| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 四季 観劇メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。